catch-img

【2022年最新】大手家電量販店のポイントサービス白書

本記事では、大手家電量販店のポイントサービスについて詳しく解説します。多くの業者で独自ポイントが導入されており、還元率使い道などにはそれぞれ違いがあります。

なお、独自ポイント以外に、各種決済サービス(スマートフォン決済、電子マネー)のポイントを使って商品の購入を行えることもご紹介します。各企業でポイントサービスの導入・運用を担当している方や、これから担当する予定の方は、ぜひ参考にしてください。


この記事のポイント

  • ポイント1 多くの家電量販店では独自のポイントサービスを実施している

  • ポイント2 ポイント還元率や使い道など、サービスの内容は業者ごとに異なる

  • ポイント3 独自ポイント以外に、各種決済サービスのポイントも利用できる



目次[非表示]

  1. 1.2022年11月時点における家電量販店の勢力図
  2. 2.大手家電量販店のポイントサービスをご紹介
  3. 3.家電量販店各社のポイント施策の現状分析
  4. 4.他業種・他業界のポイントなどとの互換性
  5. 5.キャッシュレス決済サービスのポイントで商品を購入できる場合もある
  6. 6.まとめ


2022年11月時点における家電量販店の勢力図

日本経済新聞が実施した「日本の専門店調査」(2022年4月までの1年間に迎えた決算期が対象)によると、売上高が1位~5位までの家電量販店運営会社は、以下のようになります。

1位
ヤマダホールディングス(ヤマダデンキなどを運営)
2位
ヨドバシカメラ
3位
ケーズホールディングス(ケーズデンキなどを運営)
4位
エディオン
5位
ビックカメラ


いずれも全国各地に多数の店舗を展開しているので、家電製品を購入するために訪れた経験がある方も多いでしょう。

多くの家電量販店では「ポイントサービス」を実施していますが、業者によって仕組み(還元率、使い道など)が異なることにご留意ください。次の節で、上記5業者のポイントサービスの詳細をご紹介します。


大手家電量販店のポイントサービスをご紹介

下表に、前節でご紹介した大手家電量販店5業者のポイントサービスの内容をまとめました。


店舗名
ポイントサービスの内容
ヤマダデンキ                        
  • ポイントの名称:ヤマダポイント
  • 還元率:原則10%(商品によって異なる)
  • ポイントの価値:1ポイント=1円相当
  • ポイントの使い道:ヤマダデンキで販売されている商品の購入
  • 他のポイントなどとの互換性:ヤマダポイントから「ANAマイレージクラブのマイル」への交換、および、「ANAマイレージクラブのマイル」「食材宅配サービス業者ヨシケイのヨシケイポイント」「セゾンカードの永久不滅ポイント」からヤマダポイントへの交換が可能
  • 有効期限:最終購入日から1年間
  • ポイントの名称:ヨドバシゴールドポイント
  • 還元率:原則として、現金・電子マネー・デビットカードで購入した場合は10%、クレジットカード・ローンで購入した場合は8%
  • ポイントの価値:1ポイント=1円相当
  • ポイントの使い道:ヨドバシグループ各店で販売されている商品の購入
  • 他のポイントなどとの互換性:ヨドバシゴールドポイントから他のポイントなどへの交換はできないが、「りそな銀行のりそなクラブポイント」「三菱UFJニコスのDCカードのDCハッピープレゼントポイント」などからヨドバシゴールドポイントへの交換は可能
  • 有効期限:最終購入日から2年間
  • 現金値引」にこだわりを持っており、ポイントサービスを採用していない
  • ポイントの名称:エディオンポイント
  • 還元率:保有しているカードの種類(「エディオンカード」「IDカード」「あんしん保証カード」)や商品によって変動(1%~5%)
  • ポイントの価値:1ポイント=1円相当
  • ポイントの使い道:エディオン各店舗で販売されている商品の購入
  • 他のポイントなどとの互換性:エディオンポイントから他のポイントなどへの交換はできないが、「オリコカードのオリコポイント」「中国電力のエネルギアポイント」をエディオンポイントに交換することは可能
  • 有効期限:「エディオンカード」および「IDカード」の場合は「獲得年度の残り月数+2年」、「あんしん保証カード」の場合は「獲得年度の残り月数+1年」
  • ポイントの名称:ビックポイント
  • 還元率:原則10%(商品、支払方法によって異なる)
  • ポイントの価値:1ポイント=1円相当
  • ポイントの使い道:ビックカメラで販売されている商品の購入
  • 他のポイントなどとの互換性:ビックポイントから「電子マネーSuica」「JALのマイル」などへの交換、および、「JR東日本のJRE POINT」「JALのマイル」「JCBカードのOki Dokiポイント」「ジー・プランのGポイント」などからビックポイントへの交換が可能
  • 有効期限:最終購入日から2年間


次節で、各社のポイント施策の現状分析を行います。


家電量販店各社のポイント施策の現状分析

前節の表を眺めると、ケーズデンキのように導入していない家電量販店も存在しますが、多くの業者でポイントサービスが採用されていることがわかります。

昨今、家電量販店だけではなく、さまざまな業種でポイントサービスの導入が進んでいますが、今後もケーズデンキがポイントサービスを導入しないポリシーを貫くのかどうかに注目したいところです。

ポイントサービスを導入している業者に関しては、いずれも「1ポイント=1円」の価値を有するポイントが付与される点や、有効期限がおおよそ1年から2年程度に設定されている点は共通です。ただし、還元率は同じではありません。

具体的には、ヤマダデンキやビックカメラの還元率は基本的に10%、ヨドバシカメラの還元率は支払方法によって10%または8%となっていますが、エディオンの還元率は、保有カードの種類や購入する商品によって1%から5%にまで変動し、他業者に比べてやや低めです。

消費者サイドから見た場合、「ポイント還元を受けられないから(あるいは、還元率が低いから)、他店よりも損だ」とは必ずしも言えません。例えば、ケーズデンキでは、独自のポイントサービスを導入しない代わりに、「現金値引」にこだわっています。

消費者にお得感を訴求するために、ポイント還元率を押し出すのか、商品の販売価格自体をアピールするのか、その辺りも各社の戦略のひとつと言えるでしょう。


他業種・他業界のポイントなどとの互換性

貯まった独自ポイントを自店舗の商品購入にのみ利用できる(同業他社では利用できない)点は各社共通です。

他業種・他業界のポイントであれば互換性を有する場合がありますが、「交換する方向」(家電量販店の独自ポイントから他のポイントに交換するのか、あるいは、その逆方向に交換するのか)によって互換性に大きな差があり、相互互換ではなく一方向にしか交換できないケースが多いことにご留意ください。

具体的には、独自ポイントから他のポイントなどに交換できる仕組みを提供しているのは、ヤマダデンキとビックカメラの2社のみですが、他のポイントなどから各業者の独自ポイントに交換することは、ほとんどのケースで可能です。

ちなみに、ビックカメラは、「ビックポイント→他のポイント」という方向でも「他のポイント→ビックポイント」という方向でも交換可能なポイントの種類が多いことが特徴です。提携先の業種としては、「交通機関(鉄道会社、航空会社)」や「クレジットカード会社」が目立ちます。

消費者としては、交換先が多いほうが使い勝手が良く、「この店舗で買い物をしてポイントを貯めたい」「保有しているポイントを、この店舗のポイントに交換して買い物をしよう」という気持ちが喚起されやすくなるでしょう。


キャッシュレス決済サービスのポイントで商品を購入できる場合もある

家電量販店では、貯まった独自ポイントだけではなく、各種キャッシュレス決済サービスのポイントを使って商品を購入できる場合もあります。

具体的には、スマートフォン決済サービス電子マネーで支払いを行う際に、その決済サービスで貯まっているポイントを使用するケースです。

例えば、ケーズデンキでは独自のポイントサービスを導入していませんが、d払い、PayPay、au PAY、楽天ペイ、LINE Pay、Suica、nanacoなどでの支払いに対応しているので、これらのサービスで貯まっているポイントを残高にチャージしたうえで、支払いに使うことも可能です。

ほかの家電量販店も、ケーズデンキと同様に、多種多様な決済手段に対応しています。独自ポイントだけではなく、各種決済サービスのポイントを使って商品を購入する選択肢も存在することを覚えておきましょう。


まとめ

多くの家電量販店では、独自ポイントを導入していますが、各業者の独自ポイントをたくさん貯めても、同業他社の独自ポイントとの互換性がないため、他の家電量販店では利用できないのが現状です。

ただし、家電量販店各社(独自ポイントを導入していないケーズデンキ含む)では、各種決済サービス(スマートフォン決済、電子マネーなど)での支払いに対応しています。

それらの決済サービスで商品を購入すれば、決済サービスのポイント(「楽天ポイント」「dポイント」といった共通ポイントや、それ以外の多種多様なポイント)が貯まり、貯まったポイントを使って他店で商品を購入することは可能です。

そのため、自社でも各種ポイントサービス(dポイント、楽天ポイントなど)に対応すれば、家電量販店で商品を購入する機会が多い方を「新規顧客」として取り込めるかもしれません。

なお、「多種多様なポイントサービスに逐一対応するのは難しい」と感じる場合、

約150社のポイントと提携したジー・プランの「ポイント・コンセント」なら、自社ポイントを、複数の共通ポイントや大手ポイントへ直接交換可能です。また、自社ポイントを100種類以上の各種ポイント・電子マネー・マイルなどと交換可能な「Gポイント」の導入もご検討ください。



関連記事


  PayPayポイントも参入!「共通ポイント」について徹底解説 本記事では、近年、利用が拡大している共通ポイントの概要や、4大サービス(楽天ポイント、dポイント、Ponta、Tポイント)の特徴について解説します。共通ポイントのメリットやデメリット、2022年10月以降に共通ポイント業界に参入するPayPayポイントの動向も紹介するので、ぜひ参考にしてください。 ジー・プラン株式会社


  マルチポイントとは?導入するメリットやデメリットについて徹底解説! 複数のポイントを選択できるマルチポイントサービスでは、「同じポイントを集中的に貯めたい」という消費者のニーズに応えることが可能です。本記事では、マルチポイントサービスがどのようなものなのかを解説したうえで、導入事例やメリット・デメリットを紹介していきます。 ジー・プラン株式会社



佐藤拓真
佐藤拓真
2018年頃からライターとして活動。「企業がポイントサービスを活用する方法」「ポイントを活用したビジネスのトレンド」「ポイントを活用したマーケティング手法」「ポイント制度やシステムに関する基礎知識」などについて、フラットな視点からレポートしています。私は「ポイント活動(ポイ活)」が注目されるようになる前から、さまざまなポイント(電子マネー、マイルなどを含む)を貯めてきました。自分自身の経験も踏まえて記事を執筆していくので、企業でポイント制度の導入・運用に携わっている方の参考になれば幸いです。

ポイントマーケティングでお悩みの企業様
私たちジー・プランにご相談ください!

お役立ち資料は
こちらから
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
画像:電子ギフトを活用したデジタルプロモーション成功のコツ大公開

よく読まれている記事

新着記事