catch-img

コンビニでぶらさがっているカードは何?仕組みや使い方を解説

コンビニなどの店頭ではたくさんの電子ギフトカードがぶら下がっています。AmazonやNetflix、DMMなど普段利用しているサービスのロゴが描かれているものも目にするでしょう。このようなギフトカードはPOSAカード(ポサカード)といって、使い方次第では消費者にとって非常に便利なものです。本記事ではPOSAカードについて全般的に解説していきます。


この記事のポイント

  • ポイント1 POSAカードにはギフトコードが記載されている  

  • ポイント2 金額は1,000円程度から数万円程度まである
  • ポイント3 自分で使うのはもちろんギフトにもおすすめ


目次[非表示]

  1. 1.POSAカードとは?
  2. 2.POSAカードの買い方
  3. 3.POSAカードの使い方
  4. 4.POSAカードを使うメリット
    1. 4.1.クレジットカード使わずに済む
    2. 4.2.ギフトにも最適
  5. 5.POSAカードには有効期限がある
  6. 6.まとめ
  7. 7.おすすめの資料はこちら


POSAカードとは?

POSAカードとは、レジを通した後に有効化される仕組みのプリペイドカードです。
代表的なPOSAカードの種類としては次のようなものが挙げられます。

  • 楽天ギフトカード
  • Amazonギフトカード
  • Google Playギフトカード
  • Appleギフトカード

もともとアメリカでインコムという企業が提供していた商標で、日本にも広まり、現在日本ではインコム・ジャパンが提供しています。2008年に西友でiTuneカードが販売されたのが始まりで、コンビニでは2010年頃から販売が開始されました。POS(店舗のレジ)でActivation(有効化)するため、POSAという呼称が用いられています。
POSAカードはレジを通すことで有効化されるため、カードそのものについては防犯上の危険が小さいことから、コンビニなどの出入口付近に置かれているケースもよく見られます。
コンビニ以外だと、ドラッグストアや家電量販店などでも販売しており、取り扱っているPOSAカードの種類は、店舗によってさまざまです。


POSAカードの買い方

POSAカードは通常の商品を購入するのと同じように、レジに持って行って購入できます。同じポイントや電子マネーのPOSAカードでも、金額の異なる商品があります。例えば、楽天ギフトカードなら3,000円、5,000円、10,000円といった展開になっています。
「\1,500〜50,000」のように記載されているものは「バリアブルカード」と呼ばれます。バリアブルカードはカードに付帯できる金額に幅があるため、レジでスタッフに購入したい金額を伝えることで成立します。記載されている金額の範囲内なら、キリの良い金額だけでなく1円単位で決められます。
代金の支払いは基本的に現金のみで、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などでの支払いには対応していないところが多いです。ただし、ファミリーマートではファミペイ払いやファミマTカードの利用で購入できるなど、一部コンビニエンスストアでは支払い方法によって現金以外でも購入することができます。


POSAカードの使い方

POSAカードの裏側にフィルムが貼られており、剥がすとギフトコードが出てきます。そのギフトコードを専用のWebページに入力すると、購入した金額分のポイントや電子マネーがアカウントにチャージされる仕組みです。
ギフトコードを入力するページのQRコードやURLはPOSAカードに記載されています。


POSAカードを使うメリット

​​​​​​​POSAカードには次のようなメリットがあります。


クレジットカード使わずに済む

ネットサービスを利用する際には、クレジットカードで料金を支払うのが一般的です。
銀行振込やコンビニ払いなど対応していても手数料がかかることがあります。消費者の中にはクレジットカードを持っていない人や使いたくない人も少なくなく、ネットサービスが利用しづらいと感じられることも多いでしょう。
その点、POSAカードはクレジットカードを使用せずネットサービスの料金を支払うことができるシステムで、ネットサービス利用の裾野を広げる存在といえるでしょう。


ギフトにも最適

POSAカードは自分用として便利に使えることはもちろん、ギフトとして人に贈る使い方をしているユーザーもいます。カードの種類にもよりますが、受け取った相手は自分の好きな用途に使用できるので、相手の好みが分からない場合などに便利で、一般的な商品券よりも現在は若者を中心に使いやすい存在といえるでしょう。実物のカードがあるため、ギフトとしての温かみも感じられる点は重宝されています。1,000円程度から数万円程度まであるため、ちょっとしたお礼を贈りたいときから、お祝いなどをするときまで幅広く使われています。


POSAカードには有効期限がある

POSAカードによっては有効期限が設定されていることがあり、例えば、楽天ギフトカードなら購入後6ヶ月間です。
また、POSAカードの有効期限とは別にチャージ後の有効期限というのもあります。こちらは比較的期限が長いので、ユーザーが留意する必要はあまりないことではありますが、楽天ギフトカードの場合にはチャージ後10年間です。
POSAカードの種類によっては、有効期限がもっと短い場合もあり、利用時には注意する必要があります。


まとめ

コンビニなどでぶら下がっているカードは、POSAカードというプリペイドカードです。レジを通すと有効化されて、購入後に自分のアカウントにギフトコードを入力して使用します。
基本的に電子ギフトに近いスタイルで使われています。電子ギフトの場合には実物のカードはありませんが、メールやSNSなどで送信して受け取れます。
ジー・プランのマルチバリューコードも電子ギフトの一種ですが、初期費用・発行手数料0円からと低コストで導入でき、受け取った側が自分の好きなポイント銘柄を取得できるのが特徴です。楽天ポイントやTポイント、Amazonギフトカードなどをはじめとして、大手・共通ポイントに直接交換できる電子ギフトで、幅広いユーザー層にアプローチできます。楽天ポイントやAmazonギフトカードならPOSAカードの利用ユーザーからの需要も見込めます。キャンペーンなどで自社サービスの活性化を図りたい事業者の方は、ぜひジー・プランのマルチバリューコードの導入を検討してみてください。



おすすめの資料はこちら

  電子ギフトソリューション紹介資料|ポイントソリューションならジー・プラン 100種類以上のポイントに交換できる「Gポイントギフト」や、大手・共通ポイントに手軽に交換できる「マルチバリューコード」など、運営実績20年以上のジー・プランが提供する電子ギフトソリューションのご紹介資料です。 ジー・プラン株式会社



関連記事


  さまざまなシーンで活躍!Amazonギフトカードの魅力とは さまざまな場面で利用されているAmazonギフトカード。数ある電子ギフトの中でも代表格のひとつです。では、なぜそんなに人気があるのか、Amazonギフトカードの人気の秘密や、利用するにあたってのメリットを解説します。 ジー・プラン株式会社


  ポイントギフトをメールで送付する際の管理方法やリスク管理 ポイントギフトを大勢の顧客にメールで送付する方法や注意点などをご紹介します。キャンペーンなどでポイントギフトを送付する際にぜひ役立ててみてください。 ジー・プラン株式会社


  ポイントギフトカードを作るメリットとは?作り方や管理の仕方も解説 事前に電子ギフトのURLやQRコードを印刷しておくだけで、アンケートの謝礼や購入特典などを手軽にプレゼントできるようになる「ポイントギフトカード」。今回は、あえて紙のポイントギフトカードを用意するメリットと作り方、管理方法などを解説します。 ジー・プラン株式会社


T.A
T.A
2015年頃からWebライターとして活動中。オールジャンルで記事を執筆しており、中でもスマホやネットサービスなどの記事が得意です。 お得なサービスや便利なサービスには常にアンテナを張っており、2010年頃からポイントサイトを利用。ポイントの二重取り・三重取りなども普段から実践。 普段のポイ活で得た知識や経験を活かして、情報発信していきます。

ポイントマーケティングでお悩みの企業様
私たちジー・プランにご相談ください!

お役立ち資料は
こちらから
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
顧客満足度を向上させる打ち手一覧

\ おすすめのセミナー情報 /

目的に合った「調査と分析」できていますか?~調査の秘訣と具体的な調査結果の大公開~
ページトップへ戻る